総合物流決済サービス

佐川フィナンシャル、「輸入関税等立替サービス」の提供を開始

SGホールディングスグループの佐川フィナンシャル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中原滋)は、輸入の際に通関で掛かる関税等を当社が立替えて通関事業者様にお支払いし、輸入者様に後日一括でご請求する決済サービス「輸入関税等立替サービス」の提供を、2017年8月7日に開始いたしました。

「輸入関税等立替サービス」イメージ

 

サービス提供の背景

商品等の輸入に際して発生する関税等の費用は、通関事業者様が輸入者様に代わって立替払いをする商習慣があり、通関事業者様の負担が大きいとされています。
様々な物流決済サービスを手がける当社では、かねてより通関事業者様から「輸入者様とお取引をする際の与信管理や、万が一の際の回収の手間を削減したい」という強いご要望をいただいており、このたび輸入関税等に特化した立替サービスを提供する運びとなりました。

サービスの特徴

無担保で最大1,000万円(要審査)までご利用いただけ、関税以外の費用も対象(※)としております。
※輸入消費税/輸入地方消費税/輸入関税/船社および航空会社に対する運賃/通関料/取扱料金/その他の通関実施時において発生する諸費用も含みます。

通関事業者様のメリット

輸入者様から立替金を回収する際のオペレーションコストを削減することができるほか、確実に立替金を回収することが出来るため、これまで与信管理の課題から開拓が難しかった輸入者様との新規取引開始や、お取引の円滑化・早期化にも繋がります。

輸入者様のメリット

関税等のお支払いを翌月27日にまとめて後払いすることができ、最長56日間まで立替をご利用いただけます。

サービスの詳細についてはこちら

当社では、今後もより良いサービスをお客様にご提供できるよう、努めてまいります。